下風呂温泉郷へようこそ


下風呂温泉には4つの源泉があります。
室町時代からその効能は広く知られ、多くの湯治客で賑わってきました。
旅館の近くには「大湯」と「新湯」という共同浴場がありますが、100メートル程しか離れていないのに、大湯は硫黄泉、新湯はナトリウム泉と温泉の性質が異なります。
入り比べてみるのもおすすめですよ。

かどや旅館の内湯はもちろん掛け流しです。
硫黄の香りただよう白濁したお湯がじんわりと身体に染みわたります。





【温泉の成分分析表】(2002年2月13日付)

泉 温
64℃
泉 質
酸性・含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型)
PH値
2.4
適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器疾患、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病、動脈硬化症
禁忌症
急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、腎不全、出血性疾患、高度の貧血
その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
皮膚・粘膜の過敏な人特に光線過敏症の人、高齢者の皮膚乾燥症

大湯・新湯


【大湯】おおゆ
白濁した硫黄泉が特徴で、「熱い」と「普通」の二つの浴槽がありますが、どちらも温度は高めです。下風呂の漁師さんは漁で冷えた身体を温泉で温めるので、熱めのお湯が好きなのです。
営業時間:7:00~20:30(4~10月)/8:00~20:30(11~3月)
定休日:月曜

【新湯】しんゆ
大湯から百数十メートルしか離れていないのに、こちらの源泉は透明でさらさら。日によっては白濁したり緑がかったりもするそうです。
営業時間:7:00~20:30(4~10月)/8:00~20:30(11~3月)
定休日:火曜

遊めぐり


下風呂温泉にご宿泊いただいた方に、いろいろなお風呂を楽しんでいただきたい。
旅館の中に閉じこもらず浴衣姿で温泉街を歩き、楽しんでいただきたい。
このようなコンセプトのもとに各旅館が協力して「遊(ゆ)めぐり」が実施されています。
入浴手形をお買い求めいただければ、下風呂温泉のホテル、旅館、共同浴場のうち3ケ所をご入浴できます。源泉別に入り比べみることもできますよ。ぜひお試しくださいませ。
※ご入浴のみのお客さまはサービスをご利用できません。なにとぞご了承くださいませ。

入浴できる施設は、写真の暖簾とヒバのお人形(看板)が目印です。

浴衣姿でぶらぶらと散歩してみるのはいかがでしょう。

入浴手形は

イカタイプ(切手を貼れば投函可能)

湯玉タイプ

エンピツ立てタイプ 

の中からお好きなものを選んでください。

素材は青森ひばを使っています。とてもいい香りがしますよ! 使用後はお土産としてどうぞ。

製作したのは「わいどの木」村口産業さんです。

値段はどれも800円です。有効期間は半年間ですので、じっくり時間をかけるもよし、一気に制覇するもよし。

海峡メモリアルロード


戦前から工事が進められながらも完成しなかった「大間鉄道」の現存する陸橋部分が、遊歩道として整備され「海峡メモリアルロード」と名づけられました。
遊歩道の中央部分には、駅のプラットフォームをイメージしてデザインされた足湯があり、5月~10月中旬までは無料で楽しむことができます。
足湯につかりながら、のんびりと津軽海峡・北海道を眺めてリラックスしてください。

海峡いさりび公園


夫婦岩とも称される二見岩には、海上安全と大漁を祈願する恵比須様を祭った小さな祠と鳥居が建てられています。この二見岩をぐるりと取り囲むように遊歩道が整備され、潮の干満とともに、園内の海水が循環する仕組みになっています。

園内には井上靖文学碑、新島襄寄港記念碑があります。

活イカ備蓄センター


下風呂漁港で水揚げされる活イカのお刺身や定食を食べることができます。
また、活イカのシーズンには「元祖烏賊様レース」が開催されます。


出走したイカはオーナーへプレゼントされるので、旅館にお持ち帰りしてお刺身にお造りできますよ。※シケ等により、イカの入荷が無く中止する場合があります。

 

【開催期間】7月18日~10月31日の毎週金・土曜日

      7月18日~8月17日までは毎日開催

      1630分集合、17時出走

      上記以外の日程・時間でも予約すれば実施可能です。

【場所】活イカ備蓄センター

【料金】イカのオーナー料600円、投票券(裂きイカ)100

【予約方法】電話にて、当日16時まで

【お問合せ・予約先】活イカ備蓄センター電話 0175-36-2112